未分類

フィットライフコーヒーに含まれるカフェインは普通のコーヒーと比べても少なく安心

食後のコーヒーで血糖値を下げる効果が期待できる、フィットライフコーヒー。最近、健康が気になるから飲んでみようかなと考えている方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、普段からデカフェなどのコーヒーを飲んでいる方にとっては、フィットライフコーヒーに含まれるカフェインの量が気になるところではないでしょうか。カフェインの過剰摂取は避けたいところですよね。

でも、そんな心配はいりません。フィットライフコーヒーのカフェイン量は、普通のコーヒーと比べても少ないので安心して飲むことができますよ!カフェイン量と、カフェインの作用について詳しく調べてみました。

フィットライフコーヒーに含まれるカフェインについて

調べてみると、フィットライフコーヒーにもカフェインは含まれていましたが、通常のコーヒー1杯と比べて少ないということがわかりました!
 

含まれるカフェイン量は、通常のコーヒーと比較してこれくらい

フィットライフコーヒーに含まれるカフェイン量は、1包55mg。通常のコーヒーには100mL当たり、約40~60mgが含まれています。フィットライフコーヒーのカフェイン量は、通常のコーヒーと比較すると若干少ないようです。

ちなみにフィットライフコーヒーの飲み方としては、1包を100mgのお湯で溶かして飲みます。ですから、1杯で55mg。通常コーヒーを飲むときは、1杯が100ml以上になりますから、摂取量はおよそ60~90mgになります。

このことからも、フィットライフコーヒーのほうが、カフェインの摂取量は少なく済むと言えます。普段からカフェインを気にしている方でも神経質にならず、気軽に飲むことができますね。

含まれるカフェインで考えられる影響は

フィットライフコーヒーの原材料を調べてみると難消化性デキストリン、コーヒー(粉末)と記載されていました。フィットライフコーヒーのカフェインは、通常のコーヒーと同等のものですから特別な影響はないようです。

通常のカフェインで考えられる影響には次のようなものがあります。

・中枢神経系の刺激
中枢神経系のを刺激し、覚醒させる作用があります。コーヒーを飲むと眠気がなくなるというのはこれが理由です。

適量のカフェイン摂取は眠気を覚ましたり、頭をすっきりさせるといった良い効果を発揮します。食後に眠くなるのは生理現象とも言えますが、食後にコーヒーを飲むことで休憩後も仕事が捗るということはあるでしょう。

ですが、過剰に摂取してしまうと、めまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠を起こすことがあります。さらには下痢、吐き気など、体への異常も現れることがあるのです。

・中毒性がある
また、過剰摂取により、中毒性を起こすとも言われています。カフェイン中毒で病院に搬送されたり、中には中毒死してしまったというニュースもあるほどです。

普段飲んでいるコーヒーに中毒性があると考えると少し怖いことですよね。中毒を起こすほどの過剰摂取にならないよう、なんとなくコーヒーを飲む量が多いなと思う方は気を付けるほうが良いかもしれません。

フィットライフコーヒーに含まれるカフェインと相性が悪いこと

そんな良い作用と悪い作用、どちらにも働くカフェインですが、特に摂取するのを気を付けてもらいたい方がいます。ここで、相性が悪い場合についてご紹介したいと思います。もし該当するのであれば医師と相談するなどして、摂取には十分、気を付けてくださいね。
 

薬を服用している人

薬にはカフェインが使われている物が多数あります。血管を収縮させる作用があるので、血管拡張によって起こる頭痛にカフェインは有効です。頭痛薬や風邪薬などに成分として含まれているものがあります。

また、利尿作用もあるので、体内の水分を減らし血圧を下げる効果があるとして、薬に使われていることもあります。

カフェインが入っている薬を飲んでいる方が、コーヒーからも摂取すると、過剰摂取になってしまいます。過剰摂取になると、先程お伝えしたように、めまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠、下痢、吐き気などの体調不良を起こしかねません。

また、薬によっては相互作用を起こすものがあります。カフェインの代謝が阻害され、イライラしたり、血圧が上がってしまったりといった中枢神経刺激作用が強くあらわれてしまうこともあるようです。

このようなことから、薬を服用している人は、薬とカフェインの相性に注意が必要です。

ほかにもカフェインを多く摂取している人

フィットライフコーヒーのカフェイン量は、通常のコーヒーより若干少なくなっています。ですがカフェインは、コーヒー以外にもいろいろなものに含まれています。

緑茶、紅茶、ウーロン茶など様々なお茶に含まれています。お茶以外にも、ココアや、コーラ、チョコレートにも含まれているというので驚きですよね。また、エナジードリンクには、コーヒーのおよそ2倍以上のカフェインを含むものもあります。

フィットライフコーヒー以外からもカフェインを摂取するのであれば、その量には気を付けましょう。同じく過剰摂取による副作用が起きてしまう可能性があります。

カフェイン摂取を控えたい妊婦さん

一般的に、妊婦さんは摂取を控えた方が良いと言われていますよね。妊婦さんがカフェインを過剰摂取すると、胎児の発育を阻害するとされています。早産や流産を起こすという実験結果もあるようです。

ですが、過剰に摂取しなければなんの問題ないとも言われています。WHO(世界保健機構)では、妊婦のカフェイン摂取量は1日300mg(3~4杯程度)までに設定されています。

イギリスでは1日に摂取する量を200mg (2杯程度)までにするようにと、さらに厳しい基準を設定していますので、これらを超えることがなければ問題はないと言えるのではないでしょうか。

フィットライフコーヒーには1杯で55mgのカフェインが入っていますから、3~4杯であれば問題ないでしょう。ただし先程もお伝えしたように、カフェインが入っているのはなにもコーヒーだけではありません。その他の飲み物や食品からカフェインを摂取するのであれば注意が必要ですね。

フィットライフコーヒーに含まれるカフェインについてのまとめ

☑フィットライフコーヒーのカフェイン量は、通常のコーヒー1杯より少なめなので安心して飲むことができる
☑カフェインによる弊害はあるので過剰摂取には注意が必要
☑薬を服用している人や、妊婦さんは特に気を付けましょう
☑コーヒー以外にもカフェインを含むものはたくさんあるので、それらからの摂取量も考えておきましょう

カフェインは適度な量を摂取すれば健康被害はありません。むしろ良い作用も持っているものです。何事も適度が良いのはカフェインに限ったことではありませんよね。

フィットライフコーヒーも適量であれば、心配しすぎる必要はありません。血糖値が高いことや、食物繊維の不足が気になる方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。